蕎麦店が閉店する理由・飲食店の平均寿命は12~13年と云われています

蕎麦店が閉店する理由

飲食店の平均寿命は1213年と云われています。

㋑開店1年未満で閉店する店舗が多い

プロになっていない、蕎麦店についての

知識が習得できておらず、開店までに

やらなければならない事が出来ていない。

 

蕎麦店の開業を安易に考え、覚悟が足りない。

 

㋺長期期間営業していたが、時代の変化に淘汰される。

町の小売店のように、振興の大手チェーン店

に負ける。

景気が悪い、競争が激しい、良い従業員が

来ない、等の外的要因もありますが、

ほとんどの方が閉店の理由を外部要因

しています、実際には自分の考え方を

変えることによって問題の解決策は見つかる

ものです。

 

㋥ベテラン店も新店もリスクを避けてばかりいる。

来店されるお客様に焦点を当てないで、

自分たちの痛みだけに焦点を当てているため、

お客様が本当に求めるものを提供出来ていない。

 

お客様が来るかどうか不安

 

自分のリスクを減らす

自分が満足する店を作る

必要なことに時間を取らない

準備期間が足りない

妥協してしまう

良いスッタフが集まらない

閉店する店舗

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース