第2段・①―12『いつも同じ味に仕上がるとは限』そば美学の伝道師

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『職人は「技術と言う腕を尽くして」同じ味』

 

わたしも蕎麦汁を作るとき美味しく出来る時も

あり、そうでもない時もあります。

 

鰹節と言う自然のものであります、いつも同じ

味に仕上がるとは限りません。

 

季節により味覚の差があり、食品の温度に

よっても味の差が出ます、

職人は「技術と言う腕を尽くして」同じ味に

仕上げていきます。

 

主人の『おもてなし』・・・床の間の掛け軸

などから、今日の料理はどのようなものかを

推測するなど・・・

今ではそのような食通になれる人は、

少なくなったと思います。

 

味の識別をできる「舌」は特別な人間だけの

才能ではなく、大多数の人がもっています。

 

しかしその「舌」を養うには「本物」を

食べてみることでしょう。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース