第1段・⑦―1手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

『蕎麦圏の人か・うどん圏の人か、判定は』?

それは食べる時、麺を入れた容器(丼や猪口)

に口をつけて食べるか?

 

それとも麺を箸でつまみながら、口に入れるか

の違いあると云います。

 

『蕎麦圏』の汁はつけて食べる

飲んでは辛いのですが、食べては美味しい。

 

麺を浸けて食べる、持ち上げて食べる時、味が

麺に乗らないのです。

 

『うどん圏』の汁は味が薄い

汁といっしょにうどんを啜り込む、そうでない

と味が乗らないのです。

 

汁の濃度違いから食べ方の違いが生まれたの

でしょう。

 

落語家さんでも食べる時の仕草で違いが

あります。

そのような食の相違を観察してみると面白さが

一味違います。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース