第1段・①―2手作り蕎麦・うどんの薀蓄を語る、そば美学の伝道師!

【そば打ちと日本料理の職人養成所】

まえがき-2

経済活動を優先するため、自宅では調理を

せずに外食または中食で済ませる事にする。

 

特に東南アジアなど・海外へ出て視て、

いっそう傾向が強いと感じています。

 

日本でも、一部では、御飯や惣菜も作らず、

買って済ませる習慣が始まっています。

 

そのうちに昔は、よく家で飯を作ったもの

だよ!!と思いだす人が出てくる世の中に

なるのでしょうか?

 

日本人の「米」離れ、御飯を炊くことすらも、

水加減や火加減も炊飯器任せになっています。

 

我々はただ消費すれば良いのではなく、

今の子供たちに「蕎麦はこんな風に作って

食べたな!!」と思い出を与え、自分の

思いを大切にするためにも、蕎麦・うどんの

技術を習得・復習してみては、いかがで

しょうか!

 

昔は田舎のおばあさんが日常していたことです、

そんなに難しい事ではありません、

代々受け継がれてきた『技術伝承』なのです。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース