蕎麦美学のコンサルタント・(ご飯炊き)【その1-4】料理人への道

料理人への道、そして蕎麦打ち伝道師へ

(ご飯炊き)【その1-4】

 

蒸らし時間も30分位は置いただろうか母が

お櫃に、ご飯を開ける・釜の底には「オコゲ」

が残った、なんと香ばしい事だろう手の

平に少々塩を付け母が握ってくれる、

その芳醇で甘く、噛めば噛むほど美味くなり

ました。

 

また醤油を少々たらし、焦げ飯を剥ぎ取るよう

に杓文字で取り、熱いうちに握り飯にする、

冷めてしまうと水分が飛び硬くなってしまい

握ることが出来なくなりました。

 

さらに時間を置くと干し飯のようにカチ、カチ

になってしまいました。

 

遠い記憶の中に母の温かい愛情が、あの焦げ

飯の中には子供の口のサイズに小さく丸め石

ころの様であったが、『ゆっくり、おたべ!!』

噛めば噛むほど甘く、この歳に成って母の

愛おしさが湧き出て来るのを噛みしめており

ます。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース