第4部 ③・店頭に『石臼自家製粉・手打蕎麦』と大きく掲げてみる!

第4部

蕎麦屋さんを繁盛店にする方法とは何か!!

誰でも手軽に自家製粉をできる時代に

なりました。

 

もし石臼で自家製粉をするならば、店頭に

『石臼自家製粉・手打蕎麦』と大きく掲げて

他店との差別化を図り、集客の大きな原動力

になるでしょう!!

 

蕎麦は《三たて》と言われます。

《挽きたて》・《打ちたて》・《茹でたて》

がもっとも美味しいです。

 

※蕎麦は《三たて》、もちろんのことです、

蕎麦作りの農家さんが一番よく知っています。

なにしろ獲りたてを実感しているからです。

 

石臼も機械化されて、だれでも簡単に

自家製粉が出来ることができます。

https://www.jittome-academy.jp/

『実留アカデミー』にて、自家製粉を伝授

します。

【玄蕎麦】

外皮に覆われた三角錘状の蕎麦の実を

「玄蕎麦」と言います。

 

「玄」とは黒い色と言う意味で、蕎麦の外皮

の色を示しています。

通常は外皮を取ってから(蕎麦殻)を取り

除いてから製粉します。

 

【石臼】

石臼の材質は花崗岩が主です、上下の石で

蕎麦の実を擂り合わせて粉を挽くための

道具です。

 

人の手によって石を回していましたが

電動式になり、手でまわす感覚でゆっくり

回転をさせ《挽きたて》が可能になりました。

 

【ロール挽き】

毎分300回転もの速さで回転する2本の

ローラーで製粉します。

 

摩擦熱により蕎麦の劣化が懸念されます。

石臼は摩擦熱による劣化は少ないでしょう。

https://www.jittome-academy.jp/

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース