そば切り、江戸から伝わる「切りべら23本」

174そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そば切り、江戸から伝わる「切りべら23本」

 

江戸から伝わる「切りべら」とは

延ばした麺帯を切ること。

 

「23本」とは、一寸(約30.3㎜)の長さを

23本にきること。

 

つまり30.3mm÷23=1.317mmに

なります、これが二八そばの基本の

太さと言うことです。

 

「切りべら」だでは、太さに違いが

でます、そばの麺帯の厚みで太さに

違いがあります。

 

それゆえに、

切りべらは「切りべらで逃げる」と、

いうような言い方があるそうです。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース