そば包丁を傾けて次の麺線の幅を出します。

157そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

そば包丁を傾けて次の麺線の幅を出します。

 

このとき左手の力を、抜いてはいけません。

 

「切りべら」21~25本と言いまして、

一寸(3.3cm)の間に包丁を、入れて切る。

 

ある程度の本数を切りましたら、

包丁を麺線の右側に寄せて、麺同士が

くっついていないか確認をします。

 

麺の手前側を引き上げ、左手に持ち変え

麺の輪側の打ち粉を払い落とします。

 

さらに束を持ち変えて、反対側の打ち粉

を払い落します。

 

そばの容器に収めて完成です。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

 

 

 

 

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース