包丁と小間板の使い方がよく分からない人

そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

包丁と小間板の使い方がよく分からない人

 

どの様にしたら、均一に切れるようになるか!

 

包丁をよく見ると、小間板にあてる角度が

少し内側に傾けています。

 

この傾けた角度が均一な、そばを切るための

重要なポイントなのです。

 

包丁は切るたびに小間板の角度を左に傾け

小間板を送っています。

 

切っては倒しを繰り返し小間板が左に

送られリズミカルに切り進んでいきます。

 

このリズムが狂うと、包丁の傾きに

バラツキがでます。

 

こうすると切り幅が太くなったり

細くなったり、見た目にも悪いそばが

出来上がります。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース