そばを延し終えた生地を包丁または容器にあわせて、たたむ 作業です。

そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

「たたみ」

そばを延し終えた生地を包丁または容器に

あわせて、たたむ 作業です。

 

生地の重なる部分には、打ち粉をたっぷり

ふり、くっつかないようにします。

 

(ポイント)

・打ち粉は、延ばしの段階は少なく、

生地をたたんで切るときは多くふります。

・そば生地を重ねるとき、めん棒を生地

に引っ掛けたり、切れないようにします。

・乱暴に折り重ねようとすると、

今までの苦労が、台無しになるおそれも

あります。

・そばの長さ(20~25㎝)が適当です

そばは八寸(24cm)とも呼ばれます。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース