そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー「菊練り」に入りました。

そば打ち「一日入門コース」実留アカデミー

「水回し」を終え、「くくり」をして「菊練り」

に入りました。

 

ここにもコツがありまして、捏ね鉢の曲がりを

利用して捏ねることです。

 

肘を真直ぐ伸ばし、体重を乗せるように

すると、手首を痛めません。

 

捏ね鉢のサイズ(大きさ)も気になりました

そば粉の量に対して、サイズが小さい

のではないかと感じました。

 

練り上がりの表面が「しっとり」として

いないとお聞きしましたので、

練りの時間が少ないのでは!!

 

加水率は46%にしているとの

お話です。

 

これから延しに入りますが、

「へそ出し」のコツは捏ねたそば玉を

円錐形にします。

 

空気が入ったまま延ばすと穴の開く、

割れたり、切れる原因になります。

 

本日もここまで、この続きはまた明日

お伝えします。

 

http://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専門講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース