変わりそば(かわりそば)・江戸の中期に登場する

変わりそば(かわりそば)・江戸の中期に登場する

「さらしな粉」または「御膳粉」と呼ばれる

「そばの実」:芯(中心)の粉を使います。

 

季節感や色、香りなどを楽しませてくれる

そばで、江戸の中期に登場するのです。

 

抹茶や柚子・芥子の実や胡麻など代表する

ものなど、五十種余りの数があります。

 

特に見た目が鮮やかな、変わりそば

(かわりそば)を「色物」と呼んで、

分別しています。

 

https://www.jittome-academy.jp/

信州そば手打学校・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース