そばと酒

そばと酒

「そばと酒」と言うと、古い時代劇のシーンの

一部を思い浮かんでくる。

「古い人間なんで、ござんしょうかね?」と

そんな台詞(セリフ)が出てきそうですが・・

 

昔から、そば屋とうなぎ屋の酒は上物を置くと

いわれていたらしいのである。

 

酒を飲みながら、そばと鰻を食べると、

酒の良し悪しが分かるという。

 

『酒といふものは蕎麦でのむと大層うま味が

減るものだ。だから蕎麦屋では大抵飛びきり

上等のものを置く・・・・・』

と言うのである。

 

そばを肴に一杯飲むと、酒のうまみが半減する

と言うのである。

 

「そば」がシンプルなだけに、酒の味が良く分かる

のと、「そばぬき」と言って肴はいいが、そばが

入ると汁気で酒が薄まっていくのか?

 

ワインの世界には、こんな話がある

「ワインを売る時には、チーズを食べさせ、

買うときはリンゴをかじれ」

と言うのである

 

この続きは、後ほど・・・・・

https://www.jittome-academy.jp/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース

前の記事

そば料理

次の記事

そばと酒―2