「そば」・食事時の音を立てて食すのは?

「そば」・食事時の音を立てて食すのは?

食事は静かにすることが、マナーになっている。

 

戦前の食事中は、必要以外の会話をすることを

良くないとされていた。

 

会話だけではなく、音を立てないことも作法の

一つであった。

 

食物は自然の恵みであり、神のもたらすもので

ある、豊作を祈り・収穫を感謝する。

 

食事の時は、食物の神に「いただきます」と

あいさつをする。

 

食べ終わったら、同様にする

食卓には神様がいる、神聖な場所なのであった。

 

「静かに食べる」が原則の中で、そばだけは、

音をたてて良いことになっていた。

 

「その方がうまいからでしょう」

 

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

次の記事

信州そばと酒