そばビジネス・現状と今後の課題

そばビジネス・現状と今後の課題

 

未来の時流に沿った店舗

蕎麦ビジネスは不景気ほど好調になるが・・・

 

  • 少子高齢化・省エネ、エコ・食材費の値上がり
  • 女性の消費マーケットの拡大、健康志向、自家製麺

 

蕎麦ビジネスに現れている新しい流れ

最新の繁盛店は従来の壁を取り外している。

 

A:そば+異業種の複合ビジネス

B:夜も集客できるそば専門店

C:健康志向の女性のための店

D:カフェとの融合

E:そばの常識にこだわらず、新しい味を生んだ店

F:農業との融合で、六次化農業、農家レストラン

G:福祉施設でのそばビジネス

H:道の駅、ふれあい市でのそばビジネス

I:町おこし、村おこしとそばビジネス

J:スーパー、ショッピング・センターの惣菜売り場との融合

K:スーパー銭湯、入浴施設との融合

L:海外への進出

 

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース

次の記事

そば・ビジネスの市場