そば店が開店前にしなければならない重要なこと・メニューの決定

そば店が開店前にしなければならない重要なこと・メニューの決定

 

蕎麦屋さんの必要条件とは何か!!

 

【メニューの決定】

開店前にしなければならない重要なことは、

メニューの決定です。

 

お店の顔とでも言えるお品書きの設定です。

 

定番メニュー、セットメニュー

(・・・御膳そば)、コース料理、酒類、

酒の肴などの種類や品数・・・

値付けをどうするか??

 

基本となるのは、「せいろ」いわゆる

「もり」・「ざる」の値付けをどうするか?

 

これは『立地条件』によって大きく

変わってくると思います。

 

出店しようとする周辺に競合店の

蕎麦店がある場合・・・

 

事前リサーチをして調査の結果、

例として≪800円≫ならば・・

≪850~900円≫に設定、

≪50~100円≫高く値付けをする事です。

 

低い値段設定は絶対にしないこと、

お客様に少しでも安く提供すると自信の

ないことを悟られてしまうからです。

 

手打蕎麦店は、品質・サービスの高さを

売るのが基本です。

 

量や価格の安さを売りにしては、

絶対にダメになります。

 

既存店に勝つには「価格を安くした方が

良いのではないか??」と考えがちですが、

手打蕎麦店では、確実に負けを呼んで

しまいます。

 

それは既存店の方が圧倒的にたくさんの

固定客をつかんでいるからです。

 

固定客の中にも何か不満や物足りなさを

感じている方もいるハズです。

 

そのお客様を振り向かせる・・

新規開業店の勝機を見出すのです。

 

最初から安さを選ぶお客様を狙って

いるようでは、初めは良くてもいずれ

より安い店に流れてしまう。

 

安さで選ぶなら、チェーン店・定食屋など、

軒並みあるでしょう。

 

手打蕎麦店に通う人は、価格(財布の中身)

より、蕎麦に満足できるか!!

 

新規開店『後発店』は価格、値付けを

他店より高めに設定をする。

 

蕎麦屋さんの必要条件とは何か!!

ここがポイントです。

 

高過ぎも問題がありますが、価格に関しては

後発店だからこそ少し高いなと思われても、

それに見あう質の高さを全体で作り上げて

行けば、お客様は来てくださいます。

 

満足をすれば、≪また来るよ、美味しかった≫

と笑顔で店をでます。

 

お客様から ≪美味しかった≫ この一言を

頂くために頑張ってやってきてよかった!!

を感じることが出来ると思います。

 

これを継続していると、真の『こだわり』を

生み出す【カギ】となるでしょう。

 

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース