第1部 その6・長期的な視点での店舗設計とデザイン、動線に配慮!

第1部

 その6・店舗設計とデザイン

 

これからは長期での、デザインイメージを

想定して欲しいと思います。

 

蕎麦屋さんで接待客を狙うならば、

大正ロマンを漂わせる佇まいと店内の雰囲気

とサービス・メニューの工夫でしょうか!!

 

トレンドをイメージして奇抜なアイデアは、

時と共に変化を追わなければなりません

 

10年・20年の先を見てその地に合った

店舗設計とデザインとしてほしいと思います。

 

表通りに面して手打ち蕎麦を見せる店舗、

店内で手打ち蕎麦を見せる店舗など、

 

注意点の一つに内外装が終わり、厨房設備の

搬入となり・大きな厨房機器、業務用冷蔵庫

・そば釜などは後から入らないケースが

あります。

 

クローズキッチン

キッチンの配置方法のひとつですが、壁など

によって仕切り、完全に独立したキッチンを

言います。

 

  • 独立型キッチン
  • クローズドタイプキッチン

とも呼ばれます。

料理中の煙や臭い、音などが客席に伝わり

にくく、キッチンの内部を見られることが

ないので、料理に集中しやすい利点が

あります。

 

ただし、客席・部屋と仕切られているので、

配膳や後片付けのための動線に配慮が

必要となります。

 

他には、

  • オープンキッチン
  • セミオープンキッチン

 

店舗設計とデザイン・・運営方法が

変わって来ます。

 

クローズキッチンで接客は人に任せて、

オーナーは厨房に専念する。

 

又は逆の場合で厨房は専門家に任せて、

オーナーは接客に専念する。

 

キッチン一つをとっても経営方針が

変わって来ます。

https://www.jittome-academy.jp/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース