手打そば店も時代の変革に・こんな時代だから大きなチャンスあり!!

    はじめに!!

手打そば店も時代の変革に来ています。

蕎麦店の業界が成熟し、他の飲食店とライバルになり

コンビニエンスストアと言う、ライバルもあります。

 

『手打そば』と言うだけで、お客様に来てもらい、

洒落た店構えでお客様に来て貰える!

今はそれだけでは、成り立たたなくなって来ている

と思います。

 

【スローフード】

食を見つめ直し、生産者と消費者をつなぐ事が

重要になって来ていると思います。

 

≪地産地消 ⇒ 地消地産≫

あえて「地消地産」としたのは、その地での

需要に合わせ生産する事が重要ではないか?

ただ作れば良いのではなく、生産者目線だけ

ではなく消費者の立場にならないと

続かないのではないでしょうか!!

 

スローフードはイタリア発祥の国際的な

社会運動になっていると言います。

 

その土地の食材を使い、郷土料理や文化を

見直すことを目的として、その運動は

世界各地で広まっていると聞きます。

 

日本もスローフード国際本部から承認を受けた

一般社団法人日本スローフード協会が

2016年に発足したそうです。

 

これからは、高齢化社会で健康食品としての

蕎麦の価値は高まると思います。

 

スローフードの流れも、蕎麦ブームを後押し

手打ち蕎麦店は、他の飲食業と比較したら

まだまだ成長産業と言えると思います!!

 

・老舗と呼ばれる、ブランド化に成功した蕎麦屋さん。

・時代のトレンドや垣根を超えて新しい客層を、

捕らえ流行店として成功する蕎麦屋さん。

・ネットや雑誌などメディアに載って小さい店ながら、

リピータで安定している蕎麦屋さん。

 

こんな時代だから、大きなチャンスがあると思います。

脱サラの蕎麦屋さんが成功している、素人と呼ばれる

人々が「こだわりの蕎麦屋さん」が出来るのは

 

なぜなのでしょうか!?

 

開業すれば  ≪プロも素人でも≫  同じ土俵に

乗ることになります。

 

これまでの蕎麦屋さんは、お客様の本当の

気持ちに応えているのでしょうか?

 

  • 常識とされていることを疑って見る。
  • 素人の目で見る事をする。

 

流行っている店には訳があります、

それを掴めば成功への道が開けると思います。

 

しかし、基礎は大事にしなければならない。

基礎がわからければ応用も、変化もできないです。

 

蕎麦屋さんほど、素敵な商売はありません!!

お客様に(美味しかった)・(ありがとう)・・・

感謝のお声で店を後にされます。

その時、やっていて良かった。

 

この気持ちを是非体験して頂きたく

実留アカデミーを開講しました。

 

これから開業しようとする方に伝授します。

 

マーケティングに必要なものは、方法は一つではなく

いくつもあり、貴方なりの考え方があれば

個性を生かすやり方がある筈です。

 

自分がなりたい蕎麦屋さんのイメージがない方、

まだまだ先のことだが、いずれは開業したいという方

などは、今後のために準備しておくことなどを

伝授します。

 

明確なイメージを描き、はっきりとした

メッセージをお客様にお届け出来れば良いと思います。

それが商売の成否を決定する分かれ目です。

2019年3月吉日

信州そば手打専科・実留アカデミー

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース