何があっても『良かった・良かった』にして ≪実留アカデミー≫

第五部

何があっても『良かった・良かった』にして ≪実留アカデミー≫

 

何があっても『良かった・良かった』にして

しまう根性を持つことです。

 

起こってしまったことは、どう悩んでも

元に戻すことはできません。

 

後悔して悩むのではなく、未来にどう生かすか

を考え、「これが起こって、良かった・良かった」

となるように全力で手を尽くすのです。

 

常に前向きな思考を持ち、どんな困難も

絶対倍以上にして返すぞとしぶとく粘る

根性が大切なのです。

 

 何があっても、「良かった・良かった」

にしてしまう根性です。

 

どんな難しい問題でも、ピンチでも、

これさえあれば全く怖くないのです。

 

ピンチを、むしろチャンスにしてしまう

言葉です。

https://www.maruyama-jittome.com/

信州そば手打専科・実留アカデミー

そば打ちと日本料理の職人養成所

専任講師・丸山実留

Follow me!

まずは一日入門コースをお試しください

蕎麦の本場信州の繁盛店で学ぶ蕎麦打ちの技術と店舗運営ノウハウ。
受講者様の状況やご希望に合わせて指導を行うため、完全予約・少人数制にて承ります。
講座は限られた日程と人数制限がございますのでお早めにお申し込みください。
一日入門コース